top of page

IPOを目指す台湾の医療スタートアップ 「ニューロビット・テクノロジー」がエンジェルラウンドを終了、連携を開始

医療人工知能スタートアップのニューロビット・テクノロジーは、エンジェルラウンド終了を発表。シードラウンド以来、ニューロビット・テクノロジーは110万ドル以上の投資を確保しています。この投資は、彼らが米国と欧州市場の拡大を加速し、多くの人材雇用をする際に役立つでしょう。



様々な研究機関の推定によると、めまいの診断市場模は、米国で約20億ドル、ヨーロッパで約12億ドルです。米国だけで1000万人以上の外来受診があるため、めまいの医療市場は非常に大きなものです。


2016年に設立されたニュートビット・テクノロジーは、AI補助による高リスクの神経疾患のための診断システムの開発に注力しています。非特異的な症状と医師が利用できる具体的な評価ツールが不足していたため、 従来めまいの原因を診断することは非常に困難でした。したがって、医師が救急外来や内診で脳卒中のめまい患者を識別するサポートができるように、ニューロスピード・システムが開発されました。


ニューロビット・テクノロジーの共同設立者兼CEOであるトラビス・ヤン氏は、「ニューロスピード・システムは、神経学的検査の原理に基づいており、人工知能による眼球のダイナミックイメージング分析が可能です。」と述べています。




ニューロスピード・システムは持ち運びが便利で操作が簡単、自動的な診断と迅速な分析ができ、頭痛、めまい、ふらつき、およびその他の潜在的重大な脳疾患を持つ患者の診断を行う医師に包括的なサポートを提供します。


すでに世界中の医師から肯定的なフィードバックを得ており、 台北医学大学双和病院での臨床検証では、中枢神経系障害とその他の前庭系疾患で90%以上の優れた特異度を持つことが示されています。


さらに、双和病院との共同協力により、ニューロビット・テクノロジーはソリューションの精確さを向上させるため大量のデータを収集し、 「ニューロビット・テクノロジーは、脳卒中や他の脳疾患のスクリーニングにおけるダイナミックイメージングの先駆者となると期待されています」とトラビス氏は述べました。


このシステムは臨床試験で検証され、世界で唯一めまいの診断に使用する医療グレードの人工知能ソリューションとされています。


BE Health Venturesのマネージングパートナーであるアーサー・チェン氏は、ニューロスピードには多くの潜在的な応用があると信じています。「救急外来およびクリニックでのスクリーニングに加えて、ニューロスピードは救急車や遠隔医療ステーションでのスクリーニングに適用できます。これにより、MRIなどの神経画像法を使用する前に、潜在的な高リスクの神経疾患を持つ患者が即座に適切なフォローアップ治療を受けられるようにし、治療の遅延を減少します。」



国際的な展開を積極的に拡大するため、ニューロビット・テクノロジーはオランダのハーグメディカル・センター(Hague Medical Center)と提携し、ZonMwから国の助成金を受け取りに成功しました。オランダの12の病院で大規模な臨床試験を実施し、FDAおよびTFDA認証を取得するため、ニューロスピード・システムのグローバル展開と更なる技術向上を目指します。「設立初期の段階で、ニューロビット・テクノロジーはIPOを目指しており、包括的な財務会計および内部統制システムを導入して、経営体制を強化しました。」と共同創業者でCOOのロジャー・チェン氏は述べています。









閲覧数:5回0件のコメント

ความคิดเห็น


bottom of page