top of page

Deep01は、ASUS主導の資金調達を完了、AIベースのデバイスの初購入注文を受けました。

Deep01は、医師が脳のCT画像を精確に診断するための人工知能(AI)ソフトウェアを開発おり、資金の調達額が270万ドルであることを発表しました。世界最大のPCベンダーの一つであり、台湾に拠点を置く多国籍コンピュータハードウェアおよび電子機器プロバイダーのASUSTeK Computer Inc.(ASUS)は、この資金調達ラウンドを主導しました。ASUSの企業副社長であり、AIoTビジネスグループの共同責任者であるアルバート・チャンは、「Deep01はAI医療分野のリーディングスタートアップです。この協力は、スマート医療にとって有望です。」と述べました。


このラウンドでは、ITRI(工業技術研究院)とIII(情報産業技術研究院)が共同出資するデジタルエコノミー・ファンドおよびBEキャピタルからも投資を受けました。デジタルエコノミー・ファンドのマネージングパートナーであるジム・リー氏は、Deep01に対する強い信頼を表明しました。Deep01は米国と台湾のFDAの認証を取得し、成功したユーザー導入を確保しています。BEキャピタルのマネージングディレクターであるアーサー・チェン氏は、「Deep01はBEのアクセラレータプログラムのメンバーです。そのシステムは秀傳病院にあり、利益をもたらしています。AI緊急ネットワークは海外市場にポテンシャルを持っています。私たちは会社を日本の当局に紹介し、統合は今年後半に進行する予定です。」と述べました。


Deep01 CEO Mr David Chou (right) & ASUS Corporate Vice President and Co-Head of the AIoT Business Group Mr Albert Chang (left)

Deep01の創業者兼CEOであるデビッド・チョウは、「台湾のICTと医療産業は国際舞台で競争力があり、商業化の成功事例は製品をグローバル市場でより実現可能にするでしょう。」と述べています。

Deep01のAI製品は、救急部門で急性脳内出血(ICH)を検出することができます。93〜95%の精度で、ケースごとに30秒の速さで、その性能は市場の他の競合他社を上回っています。技術に加えて、規制の認証は医療産業で重要な役割を果たしています。Deep01は2019年7月に米国FDAの承認を取得したAPAC地域で初めてのAI企業です。


また、Deep01は今年2月にも国内で初の台湾FDA(食品医薬品局)のAI製品ICHに関する承認を取得し、初めての700,000ドルの購入注文を受けました。このAIベースのサービスは台湾の2つの医療センターと4つの地元の病院で展開されており、人間の医師の診断と並行してAIが2000以上の急性脳CTの症例をチェックしています。

Deep01のチームはハーバード、カーネギーメロン大学、国立台湾大学、清華大学出身です。彼らは業界内での豊富なローカルと国際的な経験を有しています。急成長する会社のため、アメリカのシニアラジオロジストも2019年以降チームに参加しています。

米国と台湾の両方でFDAの承認を取得したアジア唯一のAI企業として、Deep01の次のステップはグローバル市場への拡大であり、救急部門、放射線科、脳神経外科に対するAIベースのサービスを提供することです。


詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください:


お問い合わせ先:Vicky Chou

電話番号:+886-2-23659959

メールアドレス:admin@deep01.com


閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page