top of page

定点ケア検査 II:応用領域と市場の現状

医療検査のトレンドの変化に伴い、病気のスクリーニング、診断、治療および追跡は徐々に臨床現場から在宅へと移行しています。これにより、病気のアセスメントは医師の診療に頼るだけでなく、専門機器によるガイドラインで、個人が初歩的に病状を評価できるようになり、その後医師の診察を受けます。このようなトレンドの変化を先導しているのが「定点ケア検査(POCT)」です。 


BE Health 医療事務マネージャー 陳長溢 


「定点ケア検査」とは  

 

定点ケア検査(Point of Care Testing, POCT)とは、患者のケアを目的とした検査のことで、いつでもどこでも誰でも実施できるものです。簡単なサンプル採取と検査機器、ガイドラインに従うことで、迅速に検査結果を得ることができます。これにより、従来の複雑な医療検査プロセス(医師の指示、サンプル採取、中央検査室への送付、結果待ち、診察室での結果確認など)を大幅に簡素化できます。POCTの導入により、検査プロセスが簡略化されるだけでなく、患者と医療従事者の時間も大幅に節約され、国民の医療意識の向上にも寄与しています。現在、POCTの応用分野は非常に広範囲にわたり、疾患ごとに大別することができます。 

 

  • 血糖:血中グルコース、糖化ヘモグロビン (HbA1c)  など 

  • 血中酸素 /電解質:血中酸素、二酸化炭素、カリウムイオン、ナトリウムイオン、塩化物イオンなど  

  • 凝固:プロトロンビン時間、血小板機能、血栓弾性図 (Thrombelastography, TEG) など 

  • 感染症:新型コロナウイルス、ウイルス性肝炎、エイズ、梅毒、マラリア、インフルエンザなど  

  • 炎症:C反応性タンパク (C-Reactive Protein)、プロカルシトニン (Procalcitonin) など  

  • 妊娠:ヒト絨毛性ゴナドトロピン、黄体形成ホルモンなど 

  • 心臓マーカー:ミオグロビン、トロポニンなど  

  • 腫瘍マーカー:αフェトプロテイン、癌胎児性抗原、前立腺特異抗原など  

  • その他:アルコール、クレンブテロール、メラミンなど 

 

POCTの定義に従い、検査はいつでもどこでも行えるが、臨床実務においては多くの検査には十分な専門知識と経験が必要です。そのため、血糖、血の気//電解質、感染症などの検査は家庭で実施可能ですが、その他の検査は多くの場合、検査科、救急科、病室などを含む臨床現場で行われています。 


 

POCT 市場の現況

 

現在、欧米諸国では体外診断の発展が進んでおり、技術の先進と安定の優位性に頼り、POCT市場は主にこれらの国の企業によって主導されています。例えば、 Roche(スイス) 、Abbott(アメリカ)、 Simens(ドイツ)、 Danaher(アメリカ)などがあります。 


  • ロシュ (Roche):1896年に創立し、本社がスイス・バーゼルにあるグローバルメドテック企業で、薬物および診断分野に力を入れており、同時にPOCT分野のリーディングカンパニーでもあります。特に糖尿病管理や分子診断に注力しています。 

  • アボット (Abbott):1888年に創立し、本社が米国イリノイ州シカゴにあるグローバルメドテック企業で、POCT製品は糖尿病、感染症、婦人・小児分野に特化しています。 

  •  シーメンス (Siemens):1847年に創立し、本社がドイツ・ミュンヘンにある電子・電機製品の開発・販売を行うグローバル企業で、主に実験室診断に注力しています。 

  • ダナハー (Danaher):1969年に創立し、本社が米国ワシントンD.C.にあるグローバルテクノロジー企業で、工業機器や設備を主に取り扱っています。POCT分野では、分子診断、血の気、病理学に注力しています。 

これらのグローバル大手企業以外では、新規事業体の変革や買収を通じてPOCT市場に参入する大企業が次々に増えており、革新的なPOCT製品の開発に専念するスタートアップも多く存在しています。 


 

アフターコロナ時代において、健康意識と医療パターンの変化につれて、医療と日常生活が段々と結合し、技術の持続的な革新、スマート医療の発展、そして国民意識の向上により、将来POCTは人々により自主で気軽な生活を提供できると期待されています。 

 


詳しい情報は、メールでお問い合わせください。  Bryant.chen@behealthventures.com 

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page