top of page

定点ケア検査 I:糖尿病管理の革新

「糖尿病」とは、血糖代謝異常の慢性疾患であり、血糖が正常に調節できないため、間と病気の進行につれて、合併症が続々と出現します。多く見られる合併症には、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病網膜症、糖尿病性腎病、血管病変、及び糖尿病神経障害と末梢神経障害などがあります。したがって、糖尿病を管理する方法が非常に重要な課題となります。 


BE Health 医療事務マネージャー 陳長溢


「糖尿病」とは? 

 

糖尿病を説明する前に、まず「インスリン」について理解する必要があります。インスリンは体内の血糖を調節するホルモンであり、主にすい臓から分泌されています。インスリンと他のホルモンの協力により、体内の血糖の正常な変動を維持することができるのです。しかし、すい臓で十分な量の正常なインスリンが生成できなかった場合、あるいは体内細胞がインスリンに抵抗性を持つようになった場合、血糖のバランスが崩れ、糖尿病になるのです。 

 

糖尿病の病因は、先天的なすい臓/インスリン異常の「第1型」と、後天的な環境要因によるインスリン抵抗性やインスリン欠如の「第2型」に分かれており、第2型が多く、糖尿病患者の約90%の割合を占めています。 

 

国際糖尿病連合の2021年の調査によると、全世界では、現在5億3700万人以上が糖尿病を患っており、およそ世界人口の10分の1を占めています。そして現在も持続的に増加しているのです。2030年には、糖尿病患者が6億4300万人に達すると予測されています。 

台湾も同じ状況に直面しており、国民健康署の統計によると、現在200万人以上の糖尿病患者がおり、毎年25,000人ほど増加しています。糖尿病とその合併症は、患者の健康に対する影響が非常に大きいため、膨大な医療支出も生じています。糖尿病患者は通常の治療以外に、日常の血糖管理と追跡を確実にすることも非常に重要であるのです。 

 

 

糖尿病管理をサポートする医療器具

 

一般的に、糖尿病患者の血糖を管理する方式は、日常的な食事管理であり、例えば、バランスの取れた栄養の摂取、少量の油、塩、糖類と定時定量の飲食、アルコールの摂取を避けるなどであり、規則正しい運動習慣、血糖の自己測定と適時に薬を服用することなどがあります。 

 

血糖を自己測定するの際に、最も一般的な方法として、家庭用血糖測定器を使用し、注射を通じて、指先の血糖を測定してから、人工インスリン注射の方式と合わせて血糖をコントロールすることがあります。この方法は簡単に思えるが、自身の血糖の変化について理解を深めずに、頻繁な注射とインスリン注射は、患者にとって不調を感じる原因につながるのです。 

そのため近年では「持続血糖モニター」や「インスリンポンプ」が糖尿病管理に普及しつつあります。 

 

持続血糖モニター(Continuous Glucose Monitoring, CGM)は、センサープローブを皮下に埋め込み、皮下組織液の電気信号を測定して血糖値に変換することで、リアルタイムで体内の血糖値をモニタリングします。 

血糖値の変動をグラフで表記し、高血糖や低血糖の警告機能も備えているため、患者は血糖管理をより簡単に行うことができます。 

現在、一般的に使用されているCGMには、Abbott のFreestyle Libre、DexcomのG7、および MedtronicのGuardian Connectがあります。 

これらのシステムの装着期間は7日から14日までとさまざまであり、各メーカーの設定により機能が異なるため、個々のニーズに応じて選択することができます。 

 

インスリンポンプは、マイクロコンピューターによりコントロールし、インスリンを皮下にゆっくりと持続的に注射し、体内のインスリン分泌と吸収パターンをシミュレーションして、24時間中断のない基礎量の注射と食事前後または異常高血糖の追加量を提供し、より穏やかな血糖コントロールを実現します。現在、よく見られるインスリンポンプは、主にMedtronic 780Gでありますが、新製品も続々と市場に出ており、Tandem T:slim X2とOmnipod 5などがあります。  

 


糖尿病の管理は非常に重要であり、良好な血糖コントロールは質の良い生活をもたらすことができます。現段階では、さらに全面的な管理サポートツールが選択でき、持続血糖モニターとインスリンポンプを結合する人工膵臓システムなど、新しい使用概念も続々と開発と検証されており、こうしたサポートツールが絶えず進化するにつれて、糖尿病患者はさらに良い生活を送ることができるのです。 

 

 

詳しい情報は、メールでお問い合わせください。  Bryant.chen@behealthventures.com

 

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page