top of page

トレンドトーク- 宇宙医療の挑戦とイノベーション

宇宙開発競争が宇宙医学の発展を牽引、宇宙飛行士の任務中に直面する身体と精神の健康リスクが国際的に注目され、宇宙医学の研究とイノベーションが世界の医療の新たなトレンドとなっています! 


BE Health 医療事務 副マネージャー 沈信緯 



宇宙医学の起源と国際的な取り組み 


第二次世界大戦後にロシア(旧ソ連)とアメリカの間で繰り広げられた宇宙開発競争が、宇宙医学研究の発展を促しました。高高度気球や飛行機を使った実験を通じて、宇宙環境での人体への影響を探求し、宇宙医学は、過酷な宇宙環境や宇宙飛行士が任務中に医療を必要とするケースに焦点を当てた分野です。宇宙航行は、人の体や心にさまざまな影響が及ぶため、これに対処するための専門的な領域が徐々に形成されてきました。地球とは異なる環境で生じる問題や、宇宙航行において考慮すべき医療上の事項などが含まれています。こうした複雑な課題に取り組むためには、医学の専門家、エンジニア、科学者が協力し合い、対処しています。


宇宙医学の重要なポイントに、宇宙での任務に伴う健康へのリスクを理解し、対策を講じることが挙げられます。これには宇宙飛行士の骨骼や筋肉の減少、心血管の変化、放射線被曝量、心理状態などを宇宙飛行中にモニタリングすることが含まれます。また、国際協力もこの分野では重要な役割を果たしています。各国が共同で研究や実験に参加し、知識やリソースの共有が発展を促進します。これは宇宙飛行士の健康だけでなく、人類医学研究にとっても大切なことです。 日本はロシアとの閉鎖環境実験やフランスとの長期ベッドレスト実験など、多くの国際共同実験に参加しています。将来は、宇宙が人体に与える影響をさらに研究し、対策を開発していき、宇宙飛行士がより長い時間の任務で健康を維持できるようにすることが焦点となります。 



微小重力がもたらす身体への影響 


宇宙航行は人間の身体にさまざまな影響を及ぼします。前述したように、心血管や筋肉・骨骼に変化が生じるだけでなく、微小重力が身体のシステムにも影響を与えます。また、宇宙飛行士の心理面も一つの大きな課題であり、長期間にわたる孤立した封鎖環境での生活や任務実行に伴うストレスへの対処も求められます。 

長期間、微小重力の環境に身を置くことは、骨骼と筋肉の深刻な減少を引き起こし、骨がもろくなる、筋力が低下するといった危険性があります。同時に、心血管系にも変化を起こし、宇宙飛行士は血圧の調整や心血管への順応力の低下などに悩まされ、これが総合的な健康に影響を及ぼすことがあります。また、宇宙では地球よりも高い放射線に曝されるため、がんの発症リスクが高くなる可能性があります。そして宇宙での生活に適応するために、孤立と閉鎖の中で長い時間を過ごさなければなりません。太陽光が不足し、プライベートな空間がないこと、家族との離れた生活が、孤独感やストレスを引き起こす可能性があります。さらに、認知機能にも影響を与え、注意力や記憶、意思決定能力に変化をもたらし、行動や認識に変容を生じさせる可能性があります。



将来、人類は月や火星の探索などの長時間の宇宙旅行を行うことが可能とされていますが、これには新たな課題が生じます。宇宙飛行士は宇宙に、より長い時間身を置く必要がありながら、健康な状態を維持する必要があるからです。この問題を対処するためには、宇宙での身体および精神の適応、長期的な放射線への潜在的なリスクを理解するための更なる研究が不可欠です。未来において、宇宙医学技術の革新が鍵となるでしょう。より先進的な医療機器の開発や、遺伝子治療、再生医学など新しい医療技術の探索が進み、より効果的な医療サポートが提供されることが期待されます。 



閲覧数:37回0件のコメント

Comentários


bottom of page