top of page

「スマート医療」はどのように精密医療を実現するのか?

AI技術の進化と発展は、「スマート医療」を急速に形成させています。現代において、スマート医療は医師の診断や治療をサポートするだけでなく、データ、クラウド、エッジコンピューティング、ブロックチェーン、そして5Gなど、多岐にわたる技術やツールが協力して活用されています。これにより、異なる分野間での協力が実質的に医療の精度を向上させ、同時に医療の負担を軽減し、本当の精密医療を実現しています。 


BE Health 医療事務マネージャー 陳長溢 



「スマート医療」の応用と効果 


情報通信技術の進歩により、医療品質の向上、医療効率の向上、医療コストの削減、そして医療体制の改善が世界的な公衆衛生の共通認識となっています。人工知能の導入は、異なる側面での応用において全体的な医療に卓越した成果をもたらし、主な効果は以下の五つのカテゴリにまとめられます。 

 

  • 医療判断支援: 大量のデータ分析と総括により、高度なエビデンスを提供し、医療機関や専門家の処理効率向上に寄与します。 

  • 事務プロセスの簡素化: 人工知能ツールによる繰り返しの大量な事務作業の処理支援や、テキストの電子化により、専門家は専念すべき領域により多くの時間を割り当て、不要な時間の浪費を防ぎます。 

  • サービスプロセスの最適化: 自動化されたサービスプロセスは異なるプロセス間の断層を埋め、円滑なプロセスの進化を促進し、全体的にサービス品質の向上に寄与します。 

  • 医患関係の向上: 上記の三つの側面の改善により、医療機関の診断治療が最適化、同時に患者の支出コストが削減されることにより医患関係が向上します。 

  • 運営効率の向上: デジタルサプライチェーン、自動化プロセス、医療ロボットなどの多様なスマートツールの導入により、病院全体の運営管理とバックエンドの効率が向上します。 

国際的な経営コンサルティング会社であるマッキンゼー(McKinsey & Company)の調査報告によれば、スマート医療の進展は慢性疾患管理、自己管理と疾病予防、疾患診断、診断分散、臨床判断支援、およびケアサービスといった6つの分野に効果的な影響を与え、スマートテクノロジーの支援によって医療の効率と品質を大幅に向上させるでしょう。 



「スマート医療」の応用を三つの段階に分けた発展 


前述のように、スマート医療の様々な応用は一朝一夕に成し遂げるものではなく、技術の進化と時間の経過に従って段階的に実現されていくものです。マッキンゼーの調査報告によると、スマート医療の発展は以下の三つの段階に分けて進展しています。 

 

  1. 第一段階|基本的な業務支援: 

これは現在最も一般的な応用方法であり、AIが医療従事者の持つ大量な繰り返し業務を支援するものです。例えば、病歴の記録、文書の整理、医療画像の判定、診断治療の報告書の生成などが含まれます。有名な応用例には、米国Memorial Sloan Kettering Cancer Centerが設立したPaige AIの製品「Paige Prostate」があり、これは前立腺組織の切片を分析し、切片画像中の疑わしい悪性腫瘍組織をマークすることで医師が病変を判断することができます。また、米国のiSchema Viewが開発した「Rapid AI」はCT画像を迅速に分析し、医師が脳の組織を評価、そして脳卒中の原因を判断し、救える脳組織を分析することに役立ちます。 

 

  1. 第二段階|応用範囲の拡大: 

現在スマート医療の応用は病院から家庭まで応用範囲を広げており、高齢者の転倒予測システムの遠隔モニタリング、人工知能警告システム、または幅広い適用範囲を持つ仮想アシスタントなどがあります。患者に医療情報を提供したり、服薬の時間や運動のリマインドだけでなく、健康記録システムと連携し、患者の状態を継続的にモニタリング、疾患管理と心理的健康の両方を考慮します。この段階では、異なる専門分野、企業、および専門家間の協力が特に重要です。 

 

  1. 第三段階|ヘルスケアエコシステムへの統合: 

ますます多くのスマート医療ソリューションが臨床応用に進出し、医療診断の意思決定をサポートすることで、人工知能が自然にヘルスケアエコシステム全体に統合され、医療教育、疾病診断から一般の健康維持まで、あらゆる場面で利用されます。 

 

 

上記の三つの段階を完成させるには、ますます多くの専門家、組織、政府機関との協力が必要です。これにより、全体のデータ統合が向上し、医療データの品質が向上、適切なリスク管理が行われます。AIの支援を受けて、精密な検査、診断、治療、予防、ケアが効果的に統合され、精密な健康のビジョンが実現できるようになります。 

 

 

詳細な情報をお求めの場合は、下記のメールアドレスまでお問い合わせください: Bryant.chen@behealthventures.com  

閲覧数:53回0件のコメント

Comments


bottom of page