top of page

「スマート医療」とは?

現代の医療システムでは、手続きや管理、意思決定に関するさまざまな課題が生じています。おそらく、皆さんも同様の経験をしたことがあるかもしれません。例えば、どの診療科を受診すべきかを数日かけて考え、予約後には数週間待たされ、現場では数時間待たされて、最終的には診察室に入って数分しか話す時間がない、といったことです。 


同時に、医療従事者もしばしば診療、研究、行政業務など、複数の仕事を同時にこなさなければなりません。病院は、多くの書類、薬剤、医療機器、看護製品などを管理しなければなりません。スマートヘルスケアの登場は、これらの課題を効果的かつ正確に解決することが期待されています。 


BE Health 医療事務マネージャー 陳長溢




「スマート医療」の定義 


世界保健機関(WHO)の定義によれば、「スマートヘルスケア」は、情報通信技術(ICT)が医療および健康分野で利用されることを指します。これには医療ケア、疾病管理、公衆衛生監視、教育、研究などが含まれます。現在の医療現場では、スマート医療がさまざまな場面で適用されており、コロナウイルスのパンデミック期間中に活用された遠隔治療、近年注目されている遺伝子検査や細胞療法、広まりつつある最小侵襲手術機器やAI画像検査ソフトウェア、または医療プロセスの管理や電子健康記録の最適化システムなどが挙げられます。 

 

しかし、スマートヘルスケアの実現には「データ」そのものが不可欠です。急速に進化するIoT技術や科学技術により、医療情報は異なるシステム、プラットフォーム、領域間で素早く変換、流通、分析、応用できるようになりました。同時に、技術の進化やデジタル変革の促進により、膨大な医療データが生成されています。そのため、データの「質」および「管理」は非常に重要な要素となっています。 



台湾の「スマート医療」の発展状況 


台湾のスマートヘルスケア分野の発展は、強力で卓越な研究能力、専門的かつ充実した医療、世界をリードする全国民健康保険データベース、そして世界を牽引する電子、情報、半導体産業を有しているため、我々の生活にスマートヘルスケアが徐々に統合されつつあります。これにより、多くのバイオ系スタートアップや学術研究チームが芽生え、前途洋々な状況となっています。しかし、企業や病院、政府は共同で改善と精進を研究する必要があります。例えば:  

 

・医療ビッグデータの統合とDX 

大量の医療データは、スマートヘルスケアの基盤を築くために必要です。しかし、現状では各医療機関が異なる医療システムを使用しており、データの形式が統一されていないため、課題があります。また、多くの病院が地元のサーバーを唯一のデータアクセス手段として使用しており、デジタル化されたデータも限られています。これがデータの変換、交換、利用を難しくしています。政府は関連政策と対策を進めていますが、全ての病院が協力し、発展を加速させる必要があります。これによって、医療ビッグデータが異なる国や領域で相互に連携し、医療の利便性と応用効果が向上することが期待されます。 


・医療ビッグデータの管理と活用

医療データが患者の個人情報に関わるため、個人情報保護法の規制を受けて取得および使用が難しい状況です。現在、全国健康保険データベース以外では、ほとんどの医療データが各医療機関によって自己管理されています。通常、データを取得したい場合は提案、研究責任者の確定、病院データの状態確認、臨床試験および研究の承認申請など、一連の煩雑な手続きを経る必要があります。また、異なる医療システムには異なるデータ取得プロセスが存在し、全体の時間が長くなり、データが利用しにくい状況を招くことがあります。したがって、先進国の事例を参考にして、企業、医療機関、政府の三者が協議し、法規準拠で多様な要求を満たす医療ビッグデータベースを構築することが望ましいです。 



従来の医療がスマート医療に転換されるプロセスでは、克服する必要のある困難が確かに多いのですが、どのような状況であっても、患者と医療福祉を中心の価値観とし、全ての要求、各方の資源、データの共有を包括するエコシステムを構築するべきです。 


 

詳細な情報をお求めの場合は、下記のメールアドレスまでお問い合わせください: Bryant.chen@behealthventures.com 

閲覧数:48回0件のコメント

Comments


bottom of page